2008年07月09日

レバレッジとは何だろう。


「FX」では「レバレッジ」という言葉がよく使われます。
「てこの原理」という意味で、いろんなところで説明されていると思われますが、そもそも、どういうことでしょう。
例えば、外貨を使ったものに「外貨預金」というものがあります。
そして、「外貨預金」の場合では1ドル100円の場合、1万ドルを外貨預金する場合には、当然100万円が必要となってきます。
しかし、「FX」には「てこの原理」というものがあり、簡単に言うと少額の資金で大きな資金を動かすことから、そう名前がつきました。
「FX」ではこのレバレッジ(てこの原理)があるのが、最大の魅力の1つといえます。
自分の投資資金を元に、その10倍や100倍といった取引ができるということで大きな利益を狙うことができるのです。
「FX」ではよくレバレッジ50倍や100倍といったふうに表記されていますが、これは単純に1万円で50万円や100万円分の外貨を取引することができるということです。
ただ確実に覚えておかなければならないことが、大きな利益を狙うことができる分、逆にリスクも大きくなるということは忘れてはなりません。
ハイリスク・ハイリターン
このことを、しっかり頭に入れて、自分に合ったレバレッジを選択することが大事です。

しかし、このレバレッジがあるからこそ、他の金融商品と比べ「FX」が人気を集めているのでしょうね。
ただ、無茶をしてはいけません。これはあくまで投資。ギャンブルではないのですから。


ブログランキング黒.gif
FXについて少しでも参考になったら押してください。


posted by 川名先生 at 21:15| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。